“がんばる私”に、ちょっと一息。

B! KUMA

スマホアプリあります
  • dpz
  • のタグ検索結果
  • 約 6,614 件中 1 - 40 件目 (0.06 秒)
  • 静岡の知られざるファミレス「五味八珍」 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。 前の記事: 「画数が多すぎる麺「ビャンビャン麺」を食べる」 人気記事: 「あの「HG創英角ポップ体」の元となった直筆生原稿を見た」 > 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26 静岡の知られざるローカル外食チェーン...
    • portal.nifty.com
    • 10.18
  • 在日米軍基地の中に入る方法 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 日本国内なのに、日本人は基本的に入ることができない場所。それが在日米軍基地。 年数回、開放イベントが開催されているものの、それ以外の日に入るなんて不可能だと思っていたんですが、入る方法があると教えてもらったので、青森県三沢市にある米軍三沢基地に行ってきました! 基地の中は、思いっきりアメリカでしたよ! 1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター...
    • portal.nifty.com
    • 10.18
  • 画数が多すぎる麺「ビャンビャン麺」を食べる - デイリーポータルZ:@nifty

    • 中国の麺料理に、やたら画数が多い「ビャンビャン麺」という麺料理がある。 「味がうまい」とか「見た目がすごい」とかではなく「漢字の画数が多い」という、今までになかったアプローチの麺料理である。 いったいどんな麺料理...
    • portal.nifty.com
    • 10.17
  • エンジニアがいらないものを持ち寄ったら懐かしいだけじゃなかった - デイリーポータルZ:@nifty

    • 私は1995年ごろからパソコンにふれるようになったがパソコンまわりで当時使っていたものはもうなにひとつ持っていない。 20年以上前なので普通のことのようでもあるが、それよりもさらに前に買った文房具や裁縫道具はいまなお自宅で現役のものがある。 そう思うとハード、ソフト問わず5年10年で(ものによっては1~2年でということもあるかもしれない)さくっと物が古く...
    • portal.nifty.com
    • 10.17
  • インスタ映えする写真を撮っている人を撮る - デイリーポータルZ:@nifty

    • 「インスタ映え」という言葉が最近では誰でも通じるようになった。遊びに行く目的や、食事に行く目的が「インスタ映えする写真を撮りに行くため」という人がいても何ら疑問を抱かないほどだ。 僕もインスタはやっているが一眼で撮った写真を雑多に上げているだけなので、今の若い人がどんな風にインスタ映えする写真を撮っているかが知りたい。 なのでインスタ映えする写真が好き...
    • portal.nifty.com
    • 10.17
  • 雑草の大豆から豆乳は作れるのか - デイリーポータルZ:@nifty

    • ダイズは、「ツルマメ」という雑草を何百年もかけて改良して作られた作物だ。このツルマメは今でも日本全国に雑草として、ぼさぼさ生えまくっている。 今日はこのツルマメを収穫して、エダマメと豆乳に挑戦してみたいと思う...
    • portal.nifty.com
    • 10.17
  • 商談でボールペンを忘れた時に代わりが務まる文房具選手権 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 先日、仕事で商談に臨んだ際にボールペンを忘れた。商談の直前に焦ってカバンの中を漁るとマジックがあったので、やむなくマジックでメモを取ることにした。さらにその日はノートまで忘れてしまい、持っていた資料の裏側に書くしかなかった。 大事な商談中にメモを取らないわけにはいかないのでこの時はそうするしかなかったが、客観的に考えるとマジックで裏紙にメモを取っ...
    • portal.nifty.com
    • 10.16
  • 大阪の肉屋で売っているホルモン焼き巡り - デイリーポータルZ:@nifty

    • 大阪へ行く用事ができたので、以前に書いた「 じゃりン子チエに出てくるホルモン焼きを探す旅 」という記事の続きができないかなーと調べていたら、ごく一部だが肉屋の店頭でホルモン焼きを売っていることがわかった。 そうか、チエちゃんは仕入れ先の肉屋に嫁いで、そこでホルモンを焼きだしたのか。いや、そういう架空の設定作りはもういいか。とにかく焼肉屋とも串焼き屋とも違う...
    • portal.nifty.com
    • 10.16
  • 「何卒」は「なにそつ」と読みたくなる みんなの「それっぽい誤読」を知りたい - デイリーポータルZ:@nifty

    • 頭の中では間違っているとわかっていても、つい読んでしまう言葉ってありませんか。 私は「汎用性」という言葉を、わかっていても「ぼんようせい」と読みたくなってしまう。正しい読み方は「はんようせい」なのだが、汎用の「汎」の字って平凡の凡っぽいからそう読みたくなっちゃうんだろうなと自分で分析している。 あと他には、「造詣が深い」という言葉に関しては間違った読み方...
    • portal.nifty.com
    • 10.15
  • 「おばあちゃんちのにおい」を調合する - デイリーポータルZ:@nifty

    • 「おばあちゃんちのにおい」ってあるだろう。おばあちゃんっ子だった自分にとっては最高のフレーバーである。あれ、とってもいいよね。 そんな私たちが「おばあちゃんちのにおい」と呼んでいるもの、あれは一体何のにおいなんだろう。今回はそんな「おばあちゃんちのにおい」に思いを馳せた結果、「おばあちゃんちのにおい」を自分たちで生み出してしまった。大発見かもしれ...
    • portal.nifty.com
    • 10.13
  • スーパーでよく聞く「♪ポポポポポ~」を流す機械を作った会社 - デイリーポータルZ:@nifty

    • スーパーに行くと「♪ポポポポポ~ポポポポポ~」とやけに耳に残る音楽が流れていることがある。特に覚える気も無いのに、うっかり1コーラス口ずさんでいる自分にハッとする。 あの曲は「呼び込み君」というマシーンが流していると聞いた。そういえば白いボディをちらっと見たことがある。いったいどういう目的で作られた製品なのか。直接メーカーに話を聞いてき...
    • portal.nifty.com
    • 10.13
  • オリオン座、下から見るか、横から見るか - デイリーポータルZ:@nifty

    • 近所の学校、というのは東京の開成学園のことだ。天文部の展示だった。部屋の中にオリオン座を立体的に配置してLEDで光らせ、地球や他の位置から眺められるようになっていた。 さすが開成!と思ったのを覚えている。写真もいろいろ撮ったのだけど、学校内のようすなので載せるのはやめておきます。 感動したので、自分でもやってみたいと思った。で、そういう仕組みをブラウザ上...
    • portal.nifty.com
    • 10.12
  • 思ったより重い石を持つと人は笑う - デイリーポータルZ:@nifty

    • 京都の伏見稲荷に「おもかる石」という石がある。持ったときに思ったより軽いか重いかで願いが叶うか占うのだ。 「思ったより」って。 しかもそれが行列ができるほど人気なのである。ぼくも作って人に体験させてあげたい。行列ができてしまうのではないか。 1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力...
    • portal.nifty.com
    • 10.12
  • スプーンを一瞬で曲げる方法 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 1971年東京生まれ。イラストレーター。ドクロ服、ドクロ雑貨集めに情熱を燃やしすぎている。ほかにはワニ、ウツボ、ハダカデバネズミなど毛の生えていない動物も好む。著書に「しろねこくん」、「ココロミくん」、「ひとみしり道」、「ばかスイーツ」などがある。 前の記事: 「静電気VSタモリ(デジタルリマスター版)」 人気記事: 「ネコになれる手袋...
    • portal.nifty.com
    • 10.12
  • 下北沢の花屋バーでカナダ人に感謝された話 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 前回、「 花と狂言 」の取材で街を歩いている時、上田さんが言った。「そういえば、下北沢に夜はバー営業もする花屋があるみたいですよ」。 お酒を飲むときはほとんど食べないため、酒の肴は花を見るぐらいがちょうどいいと常々思っていた。これは行ってみる...
    • portal.nifty.com
    • 10.11
  • 日本の西端、ヨナグニシュウダとテキサスゲート - デイリーポータルZ:@nifty

    • 日本の最西端に住むイケメンヘビ「ヨナグニシュウダ」を探しに一路、与那国島へ。そこで見たテキサスゲートに首ったけになったというなんかふらふらした話をお送りします。 1975年神奈川県生まれ。毒ライター。 普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近...
    • portal.nifty.com
    • ANIMAL
    • 10.11
  • 飛行機の席がエコノミーからビジネスになった - デイリーポータルZ:@nifty

    • 上海行きの飛行機にチェックインをしている最中にそれは起こった。突然「お客様の席はビジネスです」と言われたのだ。え、そんなわけは。エコノミーで取った記憶しかないし、往復で22,000円ちょっとの格安航空券だったはずなのだ。 耳を疑い戸惑いつつ、急にうまれてはじめてビジネスクラスに乗った体験をつづり...
    • portal.nifty.com
    • 10.11
  • いきなり!シンギュラリティ - デイリーポータルZ:@nifty

    • 最近「シンギュラリティ」という言葉をよく聞く。 「シンギュラリティは2045年に起きる」、「シンギュラリティが起きたらもう人類は手に負えない」、などなど。 なんだかわかんないけどみんな来る来る言っているという点では90年代に恐れられたハルマゲドンにも似たものがあり、怖いイメージがついてまわっているのも確かだと思う。この「シンギュラリティ」が実...
    • portal.nifty.com
    • 10.10
  • 即席の自作防護服でスズメバチ狩り そしてハチ料理 - デイリーポータルZ:@nifty

    • (※注意 : スズメバチに関する専門知識を有し、扱いにも慣れたライターによる記事です。読者のみなさまは絶対に真似しないようにしてください。刺されると生命に危険を及ぼします) 2017年10月。大阪へ出張していた折に、京都で農家をしている大学時代の先輩から連絡が入った。 なんでも、畑にスズメバチが巣を作ってしまい、とても手を焼いているとのことだった。すぐ...
    • portal.nifty.com
    • 10.10
  • ここで食べましたみたいな写真は下品なのか - デイリーポータルZ:@nifty

    • 即興でラップするテレビ番組をよく見ている。そこで最近やけに耳にするのが「ここで(韻を)踏みましたみたいなラップやめろ、下品だ」という言説である。 なるほど下品かもしれない。しかし今や「ここで食べました」と写真をSNSに上げる時代である。あれも下品なんだろうか。ラップ以外の「ここでやりました」を検証...
    • portal.nifty.com
    • 10.10
  • 河川敷のネコはどこに帰るのか? - デイリーポータルZ:@nifty

    • 昨年の夏、とある河川敷でネコにまみれたベンチを見た。上の写真がそうである。ご覧の通り、完全にベンチを占拠しており、近づいてもまるで動じない。くつろぎっぷりが凄かった。 その後、あの近くには大きなマンションが建ったと聞いた。きっと河川敷を訪れるヒトも増えただろう。ネコたちは今もベンチでくつろげているのだろうか? 1年ぶりに見に行っ...
    • portal.nifty.com
    • 10.09
  • デイリー15年 人生を変えた記事 - デイリーポータルZ:@nifty

    • デイリーポータルZがはじまって15年たちました。 ライター、関係者はデイリーポータルZに関わってすっかり人生が変わってしまいました。もっとビジネスで成功したり、落ち着いた大人になっている予定でした。でも、サイトを読んでいるあなたも人生が変わってませんか? 募集したところ、5万通ほどの(目視で)投稿がありましたが、厳選した投稿を紹介します。 その記事...
    • portal.nifty.com
    • 10.07
  • 電線を礼賛する - デイリーポータルZ:@nifty

    • 電線。残念ながらあまり人気者ではない。でもぼくにとって電線がつくりだす風景はおもしろい。ときに素晴らしいとさえ言えると思う。でもなかなか理解してもらえない。 そんなとき、すてきな電線好きの方と知り合った。運命の出会いだと思う。赤い糸ではなく電線で結ばれた縁である。 今回はその方と電線を愛でてまわった顛末をご紹介したい。分かってくれる人...
    • portal.nifty.com
    • 10.06
  • チリの切手の絵柄が斬新すぎてカッコいい - デイリーポータルZ:@nifty

    • 切手というものがある。ハガキに貼るなど郵便物を送る際に使うものだ。切手収集という趣味もあるなど、使うだけではなくコレクション性も高い。記念切手が発売されていたりもする。 そんな切手は日本だけではなく、世界中で発売されているのだけれど、チリの切手の絵柄が斬新だった。セルクナム族という原住民が切手になっていて、その衣装がすごいのだ。チリまで買いに行こうと思う...
    • portal.nifty.com
    • 10.06
  • 見た目は一眼レフ、中身はスマホ。一眼レフスマホケースを作った。 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 私は取材にミラーレス一眼カメラを使っています。 「インタビューする時は大きいカメラのほうがいいよ。」と教えてもらったからです。たしかに取材に来た人がスマホで写真撮影していったら心配になりますよね?相手を気遣うもっともな意見です。 しかし、ミラーレス一眼カメラは持ち運ぶには少々重く、たまに「スマホのカメラ機能でもいいのではないか?最近は画質が綺麗...
    • portal.nifty.com
    • 10.05
  • ガンダムのいるガンダム床屋でガンダムカットにしてもらった - デイリーポータルZ:@nifty

    • 青森県のおいらせ町に、ガンダムたちが立ち並ぶガンダム床屋があるそうです。しかもその店では「ガンダムカット」なる髪型にしてくれるらしいんですが……。 パンチの効いたワードの連発でクラクラしてきますが、とりあえず行ってきました! 1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。 犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人...
    • portal.nifty.com
    • 10.04
  • あの「さわやか」に行って、げんこつハンバーグを……食べない - デイリーポータルZ:@nifty

    • 静岡県限定のファミリーレストランである「さわやか」のげんこつハンバーグは、ここ数年で急激に知名度をあげた。 鉄板の上の肉塊を、ジューッと鉄板に押し付けるという、その暴力的な提供のされ方もさることながら、やはりハンバーグとしてうまいと話題になり、今や時間帯によってはかなり待たなければならないほどの人気店...
    • portal.nifty.com
    • 10.04
  • 水族館にいる魚の解説を聞いてから寿司で食べる - デイリーポータルZ:@nifty

    • 水族館に行って魚を見ると「美味そう~!」という感想をもつ人が一人はいると思う。僕も寿司が世界で一番好きな食べ物なので、水族館に行くとつい寿司ネタを想像してしまうことがある。 今回はそんな感想をもつ人のために、水族館に鑑賞目的で行くのではなく、食目線で魚を飼育員さんに解説してもらうことにした。そして説明を聞いたあとに、すぐ同じ魚を寿司屋で食べるのだ。 やっ...
    • portal.nifty.com
    • 10.03
  • おつまみをおかずに白飯が美味い - デイリーポータルZ:@nifty

    • 先日、とある飲み会の席で「いやー、僕は酒飲まないんですけど、酒のつまみでごはんを食うのは好きなんですよ」という話をしていた。 僕としては、イカの塩辛とかそういうウェットなつまみを想定して喋ってたのだが、話し相手はもうちょい違う方向…バーなどでお通し的に出てくる、いわゆる“乾き物”を考えたらしい。 「おかきとかツナピコとかでごはん食べるの、無理...
    • portal.nifty.com
    • 10.03
  • 10月7日はサイト開設15周年: デイリーポータルZ 制作日記(DPQ)

    • デイリーポータルZは10月7日で15周年を迎えます。 最近はっきりわかってきたのですが、デイリーポータルZの目的は続くことです。ずっとふざけていて、ただ面白いだけのことが載っている場所がある。 そんな場所があることが目的。自然保護区みたいなものです。 この15年、ここからさまざまなことがわかりました。 ・納豆を1万回かき混ぜるとかにみその味 ・「ファミマ入店...
    • dpz.cocolog-nifty.com
    • 10.02
  • ファービーの毛を張り替えてドラえもんっぽくした - デイリーポータルZ:@nifty

    • くちばしもボロボロ、毛もゴワゴワの古いファービーが一羽うちにいる。棚の奥にしまい込んでしまってるが、せっかくなので綺麗にして出しておきたい。もういっそ張り替えることはできないだろうか。障子みたいに。 思い切って毛を剥いで新しくしてみたので、その過程とビフォー・アフターを見てもらお...
    • portal.nifty.com
    • 10.02
  • タイで巨大ムカデに遭遇した話 - デイリーポータルZ:@nifty

    • 僕は数年前までバンコクに住んでいた。現地で刊行されている釣り雑誌の編集に携わっていたのだ。 毎週金曜日、僕は釣り堀が併設されたレストランで夕食をとる。すると、仕事を終えた釣り仲間たちが続々と集まってくる。夜遅くまで釣り談義に熱中して、そのまま車に乗り合って各地へ釣りに出かけるのだ。毎週末の恒例行事である。 ※この記事は、生物採集の専門サイト...
    • portal.nifty.com
    • 09.30
  • 東京の「大和西大寺」を探す - デイリーポータルZ:@nifty

    • 線路が好きだ。 なかでも、多数のポイントでぐちゃぐちゃに分岐しているような景色に興奮する。 そんな線路分岐好きの間で至高と言われているのが、奈良県にある近鉄の大和西大寺駅である。本当にこんなに必要なのか、というくらい多数のポイントが接続され、もううっとりしてしまうような光景を生み出している。 悔しい。東京にもこんな駅ないだろうか。 というわけで、大和...
    • portal.nifty.com
    • 09.29
  • アメリカの人工肉はかなり肉! - デイリーポータルZ:@nifty

    • 1971年東京生まれ。イラストレーター。ドクロ服、ドクロ雑貨集めに情熱を燃やしすぎている。ほかにはワニ、ウツボ、ハダカデバネズミなど毛の生えていない動物も好む。著書に「しろねこくん」、「ココロミくん」、「ひとみしり道」、「ばかスイーツ」などがある。 前の記事: 「和菓子フォトブースでインスタ映え」 人気記事: 「ネコになれる手袋...
    • portal.nifty.com
    • 09.28
  • 手作りイカダでどこまでいけるのか - デイリーポータルZ:@nifty

    • SUPという乗り物を知っているだろうか。のちのち説明するので知らなくてもいいのだけど、 水面の乗り物なのだ。あれに乗りたい。 でも買えなかったので、イカダをつくった。 そしたらイカダにものすごくはまってしまった。 手作りのイカダってどこまでいけるものなのだろうか。 写真から、乗ることができたところまではお分かりいただけたと思う...
    • portal.nifty.com
    • 09.27
  • 関東育ちにとって、北陸加賀はパラレルワールド - デイリーポータルZ:@nifty

    • 北陸に行ったことがなかった。 先日、ちょっと用事が出来たので行ってみたら、そこは自分が生まれ育った関東とは微妙に違う世界で、なんだかパラレルワールドに迷い込んだみたいで面白かった。 関東育ちから見た北陸の『ちょっと変わってるな』ってところを紹介したいと思います。 あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ...
    • portal.nifty.com
    • 09.27
  • デイリーポータルZの動画コーナーがしたコメ大賞2017グランプリの快挙! - デイリーポータルZ:@nifty

    • 世界にはコメディ映画祭がたくさんある。そもそもコメディ映画が人気なのだという。そして日本でもしたまちコメディ映画祭という10年つづくコメディ映画祭がある。 もはやコメディの聖地といってもいいだろうしたコメであるが、そのコンペ部門したコメ大賞2017のグランプリをとった。他でもない私達の動画コーナー・プープーテレビが。ドーン(祝砲...
    • portal.nifty.com
    • 09.26
  • 胸にライオンがあるということ - デイリーポータルZ:@nifty

    • 80年代90年代にアニメに登場したスーパーロボットの中には、胸にライオンをつけているものがあった。 胸のライオンはほぼ飾りに過ぎないのだが、なんだか強くかっこよく見えた。 その強くかっこいい気分を味わいたい。今こそ胸にライオンをつけるのだ。 1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力...
    • portal.nifty.com
    • 09.26
  • 努力は禁止!大人が楽しんでいる姿こそエンターテインメントになる。「デイリーポータルZ」林雄司×「北欧、暮らしの道具店」青木...

    • 努力は禁止!大人が楽しんでいる姿こそエンターテインメントになる。「デイリーポータルZ」林雄司×「北欧、暮らしの道具店」青木耕平 対談後編 人気ウェブメディア「デイリーポータルZ」編集長の林雄司さんを迎えた対談、後編です。テーマは「長く続くメディアの条件」。 前編 では、デイリーポータルZ(以下、 DPZ )の成り立ちをきっかけに、コンテンツの作られ方や考え...
    • kurashicom.jp
    • 09.26
  • 第二回ウェブメディアびっくりセール

    • デイリーポータルZ主催のイベント。日本のよみものウェブメディアがあつまる展示・即売会。 ネットの中にいる人たちがリアルな本、グッズなどなどなどを会場で頒布します。Q そもそも一体なんのイベントなんですか? A ウェブメディアの中の人らが集まって、同人誌やZINEを手売りするイベントです。2017年2月26日に第1回目を行いまして、今回は2回目です。前回...
    • portal.nifty.com
    • 09.25